ホワイトニング歯磨き粉の知識

ホワイトニング歯磨き粉の知識記事一覧

歯の汚れや黄ばみを落とすには、ホワイトニング歯磨き粉が手軽でイイですね。しかし、ホワイトニング歯磨き粉といっても、沢山の種類があるので、自分に合った、使い続けられる商品を選んでいきましょう。ホワイトニング歯磨き粉のタイプというと、ジェルタイプチューブタイプパウダータイプ水無しで使用するタイプなどががあります。タイプについては、自分の好みで選べばイイと思いますが、泡立もポイントの一つになります。これ...

代表的なホワイトニング成分として重質炭酸カルシウムという成分があります。ホワイトニング効果の目安としてこの重質炭酸カルシウムが配合されている歯磨き粉を選ぶのもポイントになります。では、重質炭酸カルシウム入り歯磨き粉について簡単に説明します。ホワイトニングと言うと、「歯傷む」「歯が削れる」なんて心配になる方も多いと思います。しかし、心配はいりません。重質炭酸カルシウムは、天然の研磨剤と呼ばれていて、...

ホワイトニング歯磨き粉には、多くの種類があり、価格にも大きな幅があります。安いものでは、数百円で買えるものもあれば、10,000円程度の商品も存在します。高ければより効果があるとは、一替えには言えませんが、安すぎるものは避けた方がイイかもしれません。効果が同じなら、出来るだけ安いものが良いと思いますが、ホワイトニングの効果があるのか?、安全な商品なのかなどを見極めて、納得出来る歯磨き粉選びが大事に...

ホワイトニング歯磨き粉で使われている研磨剤について説明します。研磨剤の働きは、歯の汚れを落したり、歯をツルツルにしてくれます。しかし、一般的に研磨剤というとイメージが悪く、「歯が傷つく」と心配になる人が多いようです。しかし、一般的なホワイトニング歯磨きに含まれている研磨剤には、歯へダメージを与えるようなものは使われていません。しかし、悪質な商品には、歯にダメージを与えるような研磨剤を使っている物も...

歯磨き粉に発泡剤が使われているのは、歯磨き粉を泡立るためです。泡立てることで、汚れなどを浮き上がらせたり、成分が口全体に広がりやすくする働きがあります。歯磨き粉の発泡剤として使われるのは、ラウリル硫酸ナトリウムやショ糖脂肪酸エステル、ラウロイルサルコシンソーダなどです。これらの成分のおかげで、歯磨きが泡立つわけです。しかし、注意が必要なのは、泡立ちが良いと、よく磨けたと思ってしまうことがあります。...

ホワイトニング歯磨き粉には、歯を白くする成分以外にも、口の中のトラブルをケアしてくれる成分が配合されている場合が多くあります。たとえば、歯磨き粉には、医薬部外品の指定を受けた、薬用歯磨きがあります。薬用歯磨の一つとしては「虫歯予防効果」がある歯磨きががります。これには、フッ化ナトリウムやフッ素などが配合されています。ホワイトニングと通常の歯磨きがを一つで行うタイプのホワイトニング歯磨きの場合は、こ...

歯科や関連サロンなどで行うホワイトニングは、お金や時間が掛かるので、出来れば自宅でホワイトニングしたいという方も多いと思います。自宅でのホワイトニングと言えば、ホワイトニング歯磨き粉を使うのが一般的ですが、「デンタルエステ・ミューゼ」が提供している「ホームホワイトニングキット」について紹介します。ホームホワイトニングキットとは、ホワイトニングジェルの「ポリリンホワイトニングジェル」の効果を高める為...

歯のマニキュアとは、歯自体を白くするのではなくて、特殊な液を歯の行面に直接塗り、歯を白く見せるという方法です。歯のマニキュアの良い点は、時間をかけることもなくすぐに白い歯になることです。しかし、この歯のマニキュアは、とりあえずのその場しのぎの方法を考えた方がいいかもしれません。歯のマニキュアの費用は、1回の約5,000円程度で、リーズナブルですが、白さ長くは続きません。マニキュアの特性上、歯の表面...